ロビン・ウィリアムズ氏 パーキンソン病だった

エンタメ ロビン・ウィリアムズ氏 パーキンソン病だった へのコメントはまだありません

11日に亡くなられた米俳優のロビン・ウィリアムズ氏。
15日に妻のスーザン・シュナイダー氏が事務所を通じて公表した声明によると、ウィリアムズ氏はうつ病に加えて、初期のパーキンソン病に悩んでいたそうです。

パーキンソン病は、筋肉の動きを制御する脳の神経細胞が侵される難病。
震えや筋肉の硬直を起こす他、平衡感覚や協調運動にも支障を来します。
有名人では、カナダ出身の米俳優マイケル・J・フォックス氏が同じ病であることは知られています。

シュナイダー氏は声明でこうおっしゃられています。

「ロビンの悲劇的な死をきっかけに、治療を要する闘いに挑んでいる他の方々がケアと支援を求める強さを見つけ、こうした方々の恐怖心が少しでも和らぐことを願っています」
「ロビンは禁酒を守り抜き、うつや不安だけでなく、パーキンソン病の初期症状とも勇敢に闘っていました。パーキンソン病については、本人はまだ公表する心の準備ができていませんでした」

Be the first to like.

YouTuber・Blogger・写真家・会社経営者の竹内晶夫です
#被写体募集 しています
応募はこちらへ⇒ http://goo.gl/VLgVPJ

#被写体募集要項&応募フォーム:http://goo.gl/VLgVPJ

YouTube『ModelSelectTV』:http://goo.gl/nFwMhc

YouTube『AkioVlog』:https://goo.gl/MKdWfz

Shop:http://puchilovi.theshop.jp/

Twitter:@Takeuchi_Akio1

Instagram:akiotakeuchi


Author

コメントを残す

Back to Top